森記

家具工作人 森俊宏のブログ

GWに向けて

4月29日よりGW始まります。

今年も「益子陶器市」に参加致します。

参加場所は、

「遺跡広場の6番ブース」です。

この陶器市に向けて現在小物制作に追われています。

皿
「去年は二日目で完売した”ガンガン使うパン皿」

小物制作の体制が整っていなかった4,5年前に比べれば、

かなり改善された環境ではありますが、

それでも小物(数もの)は・・・大変ですね。

バタケ
「これはバターケース」

皿、バターケース、箸置き、コーヒーメジャー、ブローチ、etc・・・

今年は開催期間が9日ある益子陶器市。

初日の夜(29日)には、「アド街」で益子の特集。

大勢のお客さんで賑わう事でしょう。

玉切れせずに頑張らねば。

と、言ってもそこは家具屋。

小物の合間か、小物が合間か、

同時並行で「ダイニングテーブル」の仕上削りを行い、

鉋
「2m×1mの天板鉋がけは一日作業です。」

オイルを塗ってGW明け一発目の納品に備えます。

また、これらと並行に、

オーダー頂いていた小物の制作。

DL.jpg
「結構人気のあるポップな柄の皿」

お待たせして申し訳ありません。

ようやく、ようやく”お皿”できました。

気が付いたら那須地区も桜が満開。

カエルも鳴いて、

春真っ盛り。

あーつかれた。
  1. 2017/04/21(金) 21:35:49|
  2. 木工品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉の最中(もなか)

千葉の名物・・というよりは大多喜名物の、

「十万石最中」。

最中1
「この箱の鯱は、多分大多喜城のソレでしょう」

みっちりのアンコが素晴らしく美味しい。

私の好物の一つなのです。

最中2
「手にした瞬間の”お!”という感じがイイ。」

前に紹介しました「房総最中」もそうですが、

持った瞬間の”重さ”は、”幸せの重さ”と言えましょう。

最中3
「ピントが・・奥にいってしまった」

甘党にはこたえられない十万石最中です。


さて、工房では楢の天板と格闘中。

鉋での仕上削りを終え、ただ今、腕、手、指に力がはいりません。

箸も鉛筆も満足に使えず、でもキーボードならうてるなあという事で、

このようなブログを書いています。

もうすでに食べ終わってしまった愛しい最中を思い出し、

あのマッタリとした小豆の甘さを思い出しながら、

・・・しびれる腕に痛みを感じながら、

春の夜はふけていきます。



お、フクロウが鳴いた。
  1. 2017/04/09(日) 22:12:19|
  2. たべもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年春はまだか

春を求めて・・・というわけではありませんが、

千葉に行って来ました。

例年ならば桜が咲き誇っているこの時期の千葉ですが、

千葉サクラ
「こんな感じの千葉桜」

うちの近所はほとんど咲いていない状況でした。

それでも千葉中央の実家を拠点に、

春を求めて房総の海に行ってみたりしました。

海見る子
「海を見る子」

風は肌寒く、春はまだかの海でしたが、

ひらけた磯には何かを取っている集団がいたり(アオサでしょうかね)、

息子は気温無視の格好で磯遊びを始めたり、

海遊びの子
「寒さを感じない状況」

おまけに素手と網で捕まえた生物は豊富で、

海の生物
「アメフラシ、イソガ二、アナハゼ、ヤドカリ、イソエビ…他」

確実に春はそこまで来ている感じの千葉海でした。



那須に帰って来ましたら、庭のヒヤシンスが咲いていました。

ひやしんす
「スン詰まりのヒヤシンス」
  1. 2017/04/05(水) 20:44:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうじき4月!

さて、3月も後半。

サクラの開花予想なんかを聞くようになり、

気分的には”春”なのですが、

那須は雪降ったりします。

那須雪
「工房の屋根も白く」

そんな中、那須より冬(?)の南会津へ行って来ました。

”南”とつくと南国方面かと一瞬思ってしまいますが、

会津の中でも”南”は標高が高く、そう、尾瀬に近いよな地区ですので、

那須より冬度が濃いいのです。

ずっと探していた楢材に目処がついたのでお邪魔したわけですが、

当初購入を予定していた楢材よりも、まぁドンピシャの楢材と出会えましたので、

無理をして南会津まで行ったかいがあったなと、

思わ帰路中ガッツポーズを取ってしまったほどでした。

先程”無理をして”と書いたのは、

冬度の高い南会津へこの時期行くというリスク(怖さ)と、

実は一週間ほどまえから変な風邪をひき、

咽喉の激痛と咳と鼻水と、なぜか頬骨から奥歯まで走る痛みに加え、

5日ほど声がまともに出ず、しゃがれた裏声(?)みたいな声しか出せず、

おまけに微熱があるという状況ゆえの”無理をして”だったのです。

南会津の材木屋さんといえば、そうオグラさん。

ここの大番頭の渡部氏も、私の声に驚いていました。

ちょうどのタイミングで塩谷の高塚さんが製材のためここへ来ていて、

そこへ会津の小沢さんがひょっこり現れて、

オグラの渡部さん含め4人で昼飯を食いに行く事になりました。

思えばこの先輩二人は全国レベル・・・いやいや海外でも人気の作家さんです。

渡部氏も「オグラ木材に渡部あり」と呼ばれるほどの方です。

そんな大御所達との昼食は、

美味しい定食とラーメンと、

下ネタ交じりの他愛もない会話の、

まるで学生時代のような昼下がりでした。


会津雪
「南会津の道路は今こんな感じ」


もうじき4月。

やることイッパイですが、

まずは体を治さなければ。


  1. 2017/03/22(水) 14:54:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/3/11

2017年3月11日。

あれから動いた事、

あれから動かない事、

様々に時は流れ、

もう戻る事はできない。

思うのは人間の愚かさと、

自然の偉大さ。

今日も家具を作る。

いすつくり
「座面ほり」

  1. 2017/03/12(日) 00:06:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (37)
釣り (4)
音楽 (6)
その他 (109)
未分類 (2)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する