森記

家具工作人 森俊宏のブログ

6月に入りました

アッという間に6月に入りました。

5月は「益子陶器市」に始まり、

茨城で「八郷の椅子展」、

笠間での「ブローチ展」などがあり、

外に出て行くことの多い月でした。

そんな中、那須在住の(年輩の)友人が、

すばらしい作品を見せて下さいました。

手作りの「バキュームカー」です。

ばきゅーむ
「ディテールがスゴイ!」

木材を主軸に、色々な、ホントに色々なパーツを組み合わせて作られた

素晴らしい作品でした。

お孫さんへのプレゼントだそうです。



さて、私はといえば、5月の風に誘われ釣りに行って来ました。

GW明けという事もあり、期待せずに散歩がてらにだったのですが、

8~9寸ほどの山女魚、岩魚が「ここっ」てポイントからよく出まして、

あっという間にツ抜け。

気を良くして翌週も同じ入渓点から入ったのですが、

なんと開始早々大物がフライにガバっと!

トルクのある思い引きを楽しんだ後にあがってきたのは、

なんと岩魚33.5cm(!)。

計測した後に写真を撮ろうとしたら・・・

見事に逃げられました。

岩魚
「これはその後に釣った小物。ホントに釣れたんだってば」

今年の渓は水量もあり、河床の状態も良いようです。

なので渓魚達も元気ですね。


もちろん、遊んでばかりはいません。

工房では大物(岩魚じゃないよ)と格闘中。

家具
「グリッド状の階段収納。所々に抽斗が納まり、高い方の側面奥には「収納部」への扉がつきます。

近年あまり見かけないほどの目の積んだ楢の良材での制作です。

6月の半ば前には納める予定です。
  1. 2018/06/04(月) 22:05:08|
  2. 木工品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リスとムササビとイス

5月の新緑の中、

フと家の窓から外を見ると、

リスがちょろちょろとしていました。

りす
「この時期よく見ます」

なかなか愛らしいその姿。

実はうちの周りにはこのような小動物が多く、

中でもリスは結構頻繁に見られます。

そんな5月のとある日。

昨年敷地内の雑木に掛けた”鳥の巣箱”に注目。

この巣箱はシジュウカラが入り、

その後キツツキが穴を大きくし、

ほったらかしにしていた巣箱です。

そんな巣箱からシッポがはえていました。

むささび1
「最初はびっくりした」

何だろうと思い家族で観察&調査。

結局この日はシッポがでたままタイムオーバーで我々は撤収。

夜に色々調べ、「ムササビではないか?」と憶測をたて、

翌日も巣箱を観察しに行くと、

出入り口から顔が。

musasabi2.jpg
「見えますか?顔と手が」

耳の前の白い線で、ムササビであることがわかりました。

むささび3
「見えますね?顔と手が」

日没後に見に行ったら巣箱から出て、

「ギョギョギョギョ」と鳴いてました。

夜は夜で飛びまくるのか、

家の屋根にあがってバタバタと大運動会。

飛ぶ姿を見たくて夜に出てみるのですが、

未だ見たことがありません。


あ、そうそう、

この5月ですが、27日まで、

笠間のラ・ミディさんの「ブローチ展」に、

石岡(八郷)のコンコンギャラリーの「やさとの椅子展」に

参加しています。

いす
「リスではなく、こちらはイス」

なんだか楽しい5月です。


  1. 2018/05/15(火) 21:20:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

益子陶器市2018春

[「益子陶器市2018年春」が、

無事終了いたしました。

関係者の皆様、お客様、

本当にありがとうございました。

展示
「今回の展示風景」

さて、振り返って今年の「陶器市」ですが、

前半は天気も良く、真夏のような日差しでした。

会期中の中日に子供達を連れてきまして、

他の出店者のお子さん達と半年ぶりに会ってはしゃぎまくり、

出店の飲食店でバクバクと食事し、

持参したお菓子をモシャモシャと平らげ、

芝生の広場をワーワーと走り回り、

全開で遊んだその帰路では死んだように眠り、

家に帰っては「お腹すいた!ご飯まだ!?」の催促。

がきども
「芝生の広場を走り回ってクタクタの兄妹」

ま、子供が元気なのは親として嬉しいものです。

まして、同じ作り手仲間のお子さん達と会ってはしゃぐその姿は、

悩みも苦しみもぶっちゃけられる親同士の姿と、そのまま重なるのです。

はしゃぎたくもなるんですよね。


そんな陶器市も後半に入り天候が悪くなり、

雷雨なんかあったりしてそれを楽しんだりなんかして、

真夏日はどこへやら。上着のいる後半となりました。


9日間の中に様々なドラマ在り。


フェデリコ フェリーニの映画のセリフに、

なんだかジンと来た私は、

イタリア語(前)と日本語訳(後)でそれを木片に書き、

会期の間中眺めていました。

E'una festa la vita. viviamola insieme.

おわり






  1. 2018/05/08(火) 18:06:55|
  2. 木工品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉帰省

今年はオフクロさんの7回忌ということで、

千葉に帰省してきました。

那須でも暖かかった日が続いていましたが、

千葉は”暖かい”を通り越して”暑かった”です。

桜
「帰省初日は満開。その後すぐに散り桜」

桜は満開・・というより散りはじめの桜もあり、

欅や楓などは若芽が出ているものもあり、

若芽
「欅の若芽に桜のバック」

那須より季節は1~2週間早い感じでした。


無事法事を終え、翌日は房総へ。

昨年は寒くて雨交じりの天候でしたが、

今年は良い天気で初夏のようでした。

海
「小湊の海」

潮のひいた磯は恰好の遊び場です。

潮だまりには、なんとカタクチイワシが取り残されていました。

イワシ
「綺麗なブルーバック」

それを素手で捕まえる息子。

イワシ2
「いい面構え」

そしてさらにカニをゲット。

もくず
「これはモクズガ二」

モクズ以外にもガザミ、イソッピ、マメコブシ等数種類のカニを捕まえ、

その他にもアメフラシ、長物の子(アナゴの子?)、ドンコ、etc・・・

自然とたわむれ熱中する息子のその姿を見るのは、

親としてなんともうれしい気持ちになります。

この日は一日房総の海で遊びました。


千葉帰省最終日には、千葉の街に出てみました。

お目当てのお店が開くまで千葉港に行ってみる事にしました。

千葉港
「けっこう好きな千葉港からの眺め」

高校の頃、学校抜け出してここに来て、

海を眺めていました。

ゆっくりと陽が傾き、斜めの影を映し出す港は、

ただひたすらに綺麗でした。

当時何を考えていたのか。

今は思い出せません。


さて、時間がきたので街に向いました。

駅前に来たのは何年ぶりでしょう。

当時と比べかなり変わっていました。

高校-浪人期によく通っていた駅裏の喫茶店は、

跡形もなく無くなって・・・

いえ、開発整理の波にのまれた区域の中、

しっかりと真新しいビルの中に、確かに存在していました。

発見した時の衝撃は、嬉しい気持ちとなんだか残念な気持ちの、

ごちゃ混ぜになった複雑で不思議な気持ちでした。

当時の友人や彼女と来た喫茶店。

思いっきり背伸びをしていたんだろうと思います。

ああ、もう30年近くも前の事なんですね。


その後、街を後にし、

小学生の頃に行った「泉自然公園」に行ってみました。

いずみ
「思い出の中の公園は・・・」

街よりこのような場所の方がやはり落ち着きます。

かえる
「木の洞の中にカエルがいるのは那須も同じ」

園内を子供達と散作し、帰路につきました。


今回はいつもより長く故郷・千葉をウロウロしました。

思い出というのは不思議なもので、

変わっていく事実がどんなに具体的でも

ココロの中に確かな形で残っているものなんですね。

その距離に驚いたりもしますが、

それはそれで良いモノだなと、最近思うようになりました。


千葉をあとにする頃には、桜は散っていました。

散り桜
「散った花も美しい」

さあ、帰ってから忙しいぞ。
  1. 2018/04/06(金) 21:21:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春ですね

さて、3月も半ばが過ぎ、

一気に春めいてまいりました。

暖かくなると外に出るのも楽しくなり、

つい先日は、畑仲間というか、仕事仲間というか、

何人か集まって「薪」の確保作業をしてきました。

実は昨年より続くこの作業。

今年の冬は寒すぎて、雪が降りすぎて、思うように作業がはかどらなかったのですが、

3月に入り(伐採期間の延長もあって)ようやくサクサクと作業を進められた次第です。

薪林
「こんな雑な雑木林」

皆で協力し合った結果、次の冬は暖かく過ごせそうです。

まき
「こんな雑に積んだ薪」


で、作業の後、やっぱり川に向います。

前回のよりはもうちょっと上流。

時期も時期ですが、雪解けも混じってとても冷たかったです。

なかがわ
「盛期にはこの流れで尺近いヤマメがボコボコ出ますのよ」

しかし、水は冷たくとも春。

ごっつい水生昆虫が岩の下にいました。

まごたろう
「息子がとったマゴタロウ虫の幼虫」

夏の夕方に成虫になったこいつが飛ぶ様は、

その大きさもあって、

なんだか不思議な、

妖精でも見ているかのような錯覚におちいります。

そんな那須の自然が大好きです。
  1. 2018/03/19(月) 21:53:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (42)
釣り (6)
音楽 (6)
その他 (123)
未分類 (5)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する