森記

家具工作人 森俊宏のブログ

8月13日

ああ、暑くて、忙しくて、

ブログ更新する気にもならないです。

ネタは色々あるんですが・・・

とりあえずこれで。

くわ
「羽ばたくミヤマクワガタ」
  1. 2017/08/13(日) 10:12:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フライ釣行

7月に入りまして、梅雨本番。

しかし、雨が降らない那須です。

6月にはメディアで「7月にまとまった雨が・・」

なんて言っていましたが、7月も半ばに差し掛かろうこの時期まで、

あまり梅雨らしくない天気が続いています。ああ、暑い。


さて、去る6月の爽やかなある日。

奥会津まで釣りに行って来ました。

久しぶりのフライフィッシング。

友人との釣行です。

これから取り掛かる大きな注文家具の制作前に、

清らかな渓で身を清めよう。

そんな気持ちでの釣行でした(つまり釣果は二の次)。



6月とはいえ、早朝の奥会津の渓はなんと気温2度。

寒く魚の活性も低いようで、最初に入った渓では不発でした。

西根
「いい渓なんですよここ。でも釣れないキャスト中の私」

奥会津には何本も良い渓がありますので、

ここは早々に踏ん切りつけて退渓して、

次の渓を目指しました。

移動中の山道から見える神々しい姿の「会津駒ヶ岳」

会津駒ヶ岳1
「雪かぶった姿が美しい」

空も青く、気温も上がり、気分も上々です。

そして入った2本目の渓では、

イワナ
「これは友人の釣った岩魚。スゴイ引きでした」

良いサイズの岩魚が”ここ”って所でドライに出て、

岩魚独特のトルクのある引きを楽しみました。

パクって出るやつ、バシャって出るやつ。

ジーと見てジーと見て、フライと一緒になって下って下って、

ピックアップ寸前でアムってするヤツなど、

岩魚らしい岩魚の出方がなんとも楽しい。

舟岐
「透明度が高く、水量もある名渓でした(取水堰堤より上は)」

また、奥会津の岩魚達は那須界隈の岩魚達と明らかに柄(?)が違い、

またヒレも刺さりそうなくらいキレッキレでピンピンで、

いやいや、なんとも言えない幸せな時間を過ごすことができました。

珈琲ブレイク
「コーヒーブレイク。どんな渓に行っても豆入れしてくれる友人。感謝!」




そして夕暮れ前にもう一本行こうという事になり、

本流を探ってみる事にしました。

ここからは尾瀬で名高い「燧ケ岳」を目の前に見る事ができます。

燧ケ岳
「尾瀬の向うの奥只見の方が興味あり」

このシチュエーションの中、本流は・・・

雪代でガンガンのガンガン流れ。

対岸に渡ることも出来ないほどの、

圧倒的で暴力的なまでの流れ。

最低でも5番が欲しい所、でも持っているのは3番。

それでも二人ともめげず、

私は岸から5m内の小さな落ち込みを家具屋らしく(?)丹念に狙い、

なんとか本流岩魚を釣り上げました。

そして友人は、

激流をモノともせずに対岸の大場所を攻め、

ひったくるようにフライにアタックしてきた本流山女魚をゲット。

山女魚
「これが友人の釣った本流山女魚。体高のあるヒレの大きな美形です」

これらが今回の「上がりマス」になりました。


素晴らしい渓、素晴らしい山、素晴らしい魚たちに感謝。

そして、同行してくれた友人に感謝。

これで心置きなく、家具制作に専念できます。

ありがとう!








と、言う感じで締めくくろうと思ってたブログですが、

実はあの釣行が・・・良すぎて。

私の心をガっと鷲づかみにされちゃったんですね。

あの日以来、寝ても覚めても岩魚と山女魚。

果てはニューロッドを手に入れようかなんて

思っている7月なのです。
  1. 2017/07/12(水) 21:54:11|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月も終わりそうですね

気が付いたらもう6月も終わりそうです。

色んな事があってブログも更新する気にならず、

ようやく気持ちもフラットになってきたので、

ネガティブな事はさて置き、ブログ更新です。



先ずは6月上旬に納めたダイニングセット。

国産楢材を使い、アイアンとのコラボによるこの作品。

ds
「こだわりの空間に映える」

有名建築家の新築物件に納めてきたのですが、これがこの空間もあって、

なんとも素敵な家具となりました。

ここへは収納家具やテーブルなどをこの先納めさせていただく予定です。



そんな中、茨城のお客様より嬉しい差し入れが。

好物の「カフェバンライケン」の珈琲豆です。

私もカミさんもわりと「浅入り」が好きで、

とくにここ土浦の「カフェバンライケン」さんの珈琲豆が大好物なのです。

土浦なのでなかなか買いに行けないのですが、我々が好きなのを御存じで、

わざわざ買ってきてくださったのです!ああ、うれしい。

これだけでも天にも昇る気持ちなのですが、

さらに”お茶請け”として・・・焼き芋のお土産。

焼き芋?と字で書くと確かに焼き芋ですが、

焼き芋と言ってはその想像をはるかに超える美味さに、

焼き芋とは何ぞやと言う、なんだか・・・理屈っぽい文章と頭になったりします。

かいつか1
「ダークブルーの箱入り焼き芋」

「かいつか」というお店の商品で、開けるとまさに・・・

かいつか2
「ふにょっとした焼き芋がごろり」

紫色の焼き芋が入っているのです。

いや、焼き芋と言うよりは「芋菓子」!

菓子です。これは。

家族全員、虜になりました。美味しいものってあるんですね。

I様、感謝です!

いつもいつもありがとうございます!



さて、工房では「祖霊舎」の制作中。

難しい家具ですので、悩みも深し。

特に”木取り”が大変でした。

材
「材を広げたまんま約4日悩みました」

それでも久しぶりの「樺の良材」に気分も高揚し、

気合十分、体力不十分で挑んでおります。



そんな中、

うちでブリードしたノコギリクワガタが羽化。

のこ
「発酵オガクズだけではアゴの育成が悪いか?」

そして長男坊はミヤマクワガタをゲット。

みやま
「体長74㎜は立派なサイズ。」

そろそろ「梅雨本番」といったところでしょうか。

ああ6月も過ぎてゆく。

  1. 2017/06/29(木) 22:49:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

  1. 2017/06/16(金) 21:17:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月の梅雨前

6月に入り、那須は湿気も少なく心地よい日が続きます。

これも梅雨前のほんのわずかな期間の事で、

新緑から続く「輝く緑の季節」もそろそろ終わりでしょう。

さて、そんな中、奥会津に木材の調達に行って来ました。

以前、豪雨に見舞われた奥会津は、未だそこかしこにその爪痕がありますが、

それでも自然の素晴らしい所で、那須とは違った木々や空気に、

仕事とはいえ、行くだけで癒される思いがします。

やま
「向うの集落がメルヘン」

緑に誘われて仕事の合間にちょっとドライブ。

いくつかの渓を見て回り、水の綺麗さに感嘆し、

山頂に残る雪の多さに驚嘆し、

行きつく先は大木の前。

かつら
「桂の大木」

しみじみと自然の偉大さを感じた一日でした。


さて、工房では次の仕事の段取中。

大きな注文家具を控え、その準備に追われていますが、

そんな合間にも小物の制作。

その小物用に朴の木(地物)を引き割った際に、

ちょっと火花が散ったので「もしや」と思ってみてみたら。

ありました。

散弾
「材中の銀色と手前に転がる半球状の塊り」

最初は釘かと思ったのですが、これは「散弾」でしょう。

樹の時に弾が食い込み、反応してそこだけ黒染んでいます。

丸太製材の材を使用していたりすると、まれにあることで、

私はこれで2度目です。

北海道産の材で、散弾ではなく、もっと大きな一発弾が入っていた

なんて話も聞いたことあります。

材に、いや樹に歴史ありですね。
  1. 2017/06/06(火) 14:21:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (38)
釣り (5)
音楽 (6)
その他 (111)
未分類 (4)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する