森記

家具工作人 森俊宏のブログ

冬のいたずら

毎年冬になり雪が降ると、よく見えるものがあります。

それは那須岳のちょっと西側。小佐飛山とか長者岳とかの方向にあります。

そう、それは不自然に山に見える帯。

その帯が、あっちの山からこっちの山にまで、幾重にもあるのです。

その位置の高い事高い事。

この帯の正体は「道路」いや、「路」なのですが、

容易に「この帯はずーっとつながっているんだろうな」と想像できます。

この「道路」いや、「路」には、

「栃木県道266号中塩原板室那須線」という名前がつけられており、

別名「塩那道路」なんて愛称もあるのです。

塩原から那須まで抜けるこの道は、

総道路長51km!

最高地点:海抜1700m!

別名「天空道路」とも呼ばれているそうです。

昭和39年に工事着工。

そして昭和50年に工事中止。

山を削り一応の貫通はしています。

舗装も一部はされています。

しかし、昭和50年に工事中止。

実は「工事」は現在も行なわれております。

それは「廃道の為の工事」です。

グーグルで見ると、塩原辺りから北へ向かって「県道266号」があるのがわかります。

山を縫うようにグネグネ、グネグネと続く道です。

いったい今までいくらかかったのでしょうか。

そして「廃道の為の工事」で、これからも工事費がかかるのでしょうか。

もちろん、この道路は進入禁止の通行止めです。

一度だって一般開放されたことがありません。

どちら側から行っても、これ以上進入させない頑丈なゲートがあるだけです。

皆さん。知ってましたか?

やま
「この写真ではわかりづらい」
  1. 2017/02/24(金) 21:51:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/3/11 | ホーム | 遭遇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountain4.blog76.fc2.com/tb.php/177-8351b320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (40)
釣り (6)
音楽 (6)
その他 (113)
未分類 (4)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する