森記

家具工作人 森俊宏のブログ

2017年9月の釣行

「ひのえまた~ながれるきっしべ~」

と、言う事で三度桧枝岐へ行って来ました。

前々回と同じ友人との釣行です。

秋の気配感じる桧枝岐村は、

凛とした空気にある山々は崇高なまでに美しく、

所々木々の葉も色づいていたりして、

足早に過ぎた夏の短さを、

改めて思い起こさせ妙に感傷的に・・・

燧ケ岳
「只見方面からの朝の燧ケ岳」

只見の山
「おっとレンズにゴミが」

いやいや。秋の気配=婚姻色の出た渓魚。

色づく木の葉を見て、

「もしかしたら、婚姻色の出たすんごいヤマメが釣れるかも!」

「もしかしたら、遡上組のワイルドワンが出るかも!」

とか思ってしまい、期待と興奮で

釣り前から妙にテンションの高い状態でした。



最初に入ったのは、あの銀山湖の上流。

只見の渓2
「憧れの奥只見上流」

開口健で有名な銀山湖には、

彼の「河は眠らない」という言葉が彫られた石碑があります。

釣り人憧れの聖地です。

沢伝いに入渓し、いざ実釣。

しかし、そこは大本流の只見川。

いつも釣っている規模の渓流とは違い、

戸惑いと困惑。釣り方がわからない!

それでも秋のセオリー通り、

ゆるい流れをさぐって先ずは綺麗なヤマメをゲット。

只見ヤマメ1
「綺麗な魚体でした」

そして大石の手前をねらって岩魚を、

流芯脇をねらってもう一匹ヤマメを追加となりました。

只見のヤマメ2
「このヤマメは黒点が大きく那珂川水系ではあまり見ないタイプでした」

この川ではいつも使っている

パラダンの#16~14にはまったく無反応で、

苦手なので少量しかまかない(まけない)

エルクヘアカディスにしか反応しないという、

非常にセレクティブな経験をしました。

それにしても秋の只見川は人が多く、

私が3匹目を釣った時点で上流に人が入っているのがわかり、

区切りも良いので退渓としました。



場所を移して今度は桧枝岐川水系へ。

前回良い思いをしたその大支流へ入りました。

舟岐の渓
「改めて良い天気の一日でした」

入渓点の堰堤から下を見たら、

良い型の岩魚がいました。

落差にして5~6mでしょうか。

遊び半分でフライを落としたら・・・パクッと。

一呼吸おいて”よいしょっ”とゴボウ抜きで釣り上げた岩魚は

27cm程の量型。

岩魚1
「ヒレピンの良型」

その後もこの方法でこれより若干大きいのを釣り上げました。

しかし、その後が続かない。

人気河川ゆえに人の足跡も多く、

場荒れもあってか、チンピラ岩魚が遊んでくれるだけで、

まともなサイズが全くでません。

舟岐の森2
「渓相は抜群。人気河川。ゆえの宿命」

堰堤で見切りをつけ、本流をさぐることにしました。

大文字
「そこかしこに咲いていた大文字草。花が”大”の文字」



本流も入渓しやすい所にはすでに車が入っており、

渓を覗くとしっかりと人影があります。

そのような場所を避けるように車を止め、

小沢を下って本流入りする事にしました。

その小沢は幅が半間程、

水かさもくるぶしまでもない小沢だったのですが、

下って行くうちの、少しでも深くなっている場所に、

遡上中と思われる量型の岩魚がそこかしこに居ました。

「ビックリさせてゴメンね!」

なんて言いながら本流に入渓。

ここからはフライが合ったのでしょう。

得意のパラダン#16一本で好釣果に恵まれました。

只見川と違って、試しに使ったてみた

カディスもテレスケも全く無反応。

周りをよく見れば、使っているパラダン#16と

全く同サイズ・色のメイフライがあちこち飛んでいます。

これぞハッチマッチ・・だったのでしょうか。

只見川とは逆のセレクティブさに、

フライフィッシングの奥深さを改めて感じました。

秋ってこんなんんだったけ?

気が付いたら日が傾き始めていました。

ひうち
「レ、レンズにゴミが」

空が高い。

秋の良い一日となりました。



実は今回の釣りは、

相方には申し訳ない事に、

私の仕事の関係で予定より10日ほどずらしての釣行でした。

そんな釣行の直前に、息子からもらってしまった風邪。

その日の朝の体温38.2度。

風邪薬飲んで、”ゼナジンジャー”を飲んでの釣行だったなんて、

相方には言えません。

まったくもう・・・
  1. 2017/09/11(月) 20:51:10|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月の小旅行 | ホーム | 夏の思い出2017>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountain4.blog76.fc2.com/tb.php/190-3fa62e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (40)
釣り (6)
音楽 (6)
その他 (113)
未分類 (4)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する