森記

家具工作人 森俊宏のブログ

秋の一日

秋も深まる今日この頃。

「山田英男」さんの絵画展へ行って来ました。

場所は黒羽の「たまち蔵屋敷」。

館
「たまち蔵屋敷」

城下町としてしられた黒羽は、そこかしこに民族・民芸的な所を感じます。

そう、「人が生きてきたしるし」があるのです。

さて、そんな黒羽の町で催された個展。

看板
「個展の案内版」

「山田英男」氏とは、大田原信金のカレンダーにも使用された、

牧歌的で懐かしくも瑞々しい絵を描く方です。

写真家としても知られていますが、

那須では「絵本&アートギャラリー・クマさんの森」のオーナーとして知られています。

そんな多才な方の絵は、心に染み入る何かがあります。

そして、親しみやすい絵ですが、よく見るとその細密なタッチ、表現力に感動するでしょう。

私も心で感じ、頭で感嘆しました。

さて、この山田氏ですが、

大変残念なことに、先月お亡くなりになりました。

そしてこの残された絵たちは、それぞれが、それを求める方のもとへ納められるようです。



この会場の隣に、古い神社がありました。

そしてその境内には、神々しい程に大きな一本の欅の大木がありました。

何年も、それこそ何十何百年も、この欅は人のつながりを見てきたことでしょう。

そう思って見上げた梢に、

眼鏡をかけたクマさんがいたように見えました。

けやき
「大きな欅」
  1. 2013/11/08(金) 20:48:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「コドモノモノ展」はじまります | ホーム | 今年の秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountain4.blog76.fc2.com/tb.php/81-d56f5199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (40)
釣り (6)
音楽 (6)
その他 (113)
未分類 (4)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する