森記

家具工作人 森俊宏のブログ

モノとヒトと

製図用シャーペン

インパクトドライバー

木工用サンダー

給湯器

キッチン換気扇

オーブントースター

ファンヒーター

営業車(トラック)

浄化槽の蓋

浄化槽排水ポンプ

浄化槽のエアポンプ

デジタルカメラ

CDプレイヤー

寝室用スタンドライト

草刈り機

この一年内に壊れたもの達です。

ほとんどが10年、モノによっては15年程使ってきました。

耐用年数の問題もあるでしょう。

でも、不思議な事に壊れるのは続くのです。

どっかの誰かが「壊れる連鎖がある」と言いましたが、まさにその通りだと思います。

さて、使っていたモノが壊れると、新しいモノを手に入れなければなりません。

でも、モノによっては多額の出費になるので頭の痛い問題となります。

そんなことが重なると(実際重なっている)どうにも腹が立ってきたりします。

「ダ~!!こいつもかい!」なんて罵倒したりします。

このイライラは新しいのを買うまで続き、いざ処分の時になると、

「今までありがとうな」とシンミリしたりします。

そのシンミリも束の間、新しいのを使っていると、

「進化ってするんだな」と、新しく使い始めたモノ達に感心したりします。

そう、進化ってしているんです。

壊れてしまったモノ達へのオマージュよろしく、

(その部分で)ただ単に流れていただけでなかった”時”に、それに携わった人の姿を見ます。

文明の進化、進歩とは、ここにあるのか。

ちょとづつの歩みは、気が付くと摩天楼の如く聳え立つ。

しかし、どんなにモノは進化しても、きっと人間だけがアナログのままなのでしょう。

キライとかスキとか。

アンときの恨みとかなんだとか。

言った言わない、やったやらない。

この部分の進化は望んでも願っても進化しなかったりする。

規模や方法は変われど、何百何千年と同じ事を繰り返す。

これが人間なのだろうか。

座彫り
「アナログで座面を彫る」
  1. 2014/03/07(金) 21:38:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LOVE IN VAIN | ホーム | また「雪」の那須>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountain4.blog76.fc2.com/tb.php/93-e82088c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOSHIHIROW

Author:TOSHIHIROW

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

木工品 (40)
釣り (6)
音楽 (6)
その他 (113)
未分類 (4)
たべもの (14)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する